Bugoksts Japanese

go to link stainless steel bar | special Shape Bar | Round Bar | Square Bar | Hexagon Bar | Bugok Stainless

http://customtails.com/espanel/eros/2650

リサイクル品目

Stainless Scrap

enter

go site

iq options andmaento indici binäre optionen trends erkennen ステンレススチールの類型別特性

種類
成分
特性
主な用途
Austenic Stainless Steel
304
18Cr -8Ni
優れた耐食性及び熱抵抗と、磁性を帯びない良好な器具的強度を持つニッケルを含んで、最も広く使われるステンレス鋼。熱処理によって硬化されない。 刃物、室内配管、ボイラー、自動車部品: ワイパー、マフラー、建材。
304L
18Cr -8Ni – 低炭素
類似する耐食性を持つ極低炭素含有量の304ステンレス鋼、しかし、溶接後の粒界腐食または熱処理工程を省いて応力に対する優れた抵抗性により、熱処理をしなくても耐食性を維持する。 化学、石炭、石油及び化学タンクの部品及び建材に使われる。
316
18Cr -8Ni – 25Mo
ステンレス鋼は海水を含むあらゆる条件に対して耐食性を大幅に向上させている。高いニッケル含有量の2.0 ~ 3.0% Moを追加し、磁性を帯びない強い硬化特性を提供する。 製紙工場、化学製品、合成樹脂、染料、硝酸肥料の製造施設。写真、食品産業及び海岸建築外装材に使われる。
316L
18Cr -8Ni – 25Mo – 低炭素
粒界耐食性を保有した、極低炭素の316ステンレス鋼。 溶接後、鍛えられてない部品に使われる。
マルテンサイト系ステンレス鋼
410
13Cr
典型的なマルテンサイト系スチールは価格競争力を持っているが、一般的な耐食性スチールのように過酷な腐食条件には耐えられない。作業性に優れ、熱処理を通じて強化される。 一般刃物、機械部品、石油精製装置、ボルト及びナット、ポンプ、シャフト
420J
13Cr – 0.2C
焼き入れによって強い硬度を持ち、410より高い耐食性を保有する。 一般刃物、機械部品、石油精製装置、ボルト及びナット、ポンプ、シャフト
420J2
13Cr – 0.3C
焼き入れの後、420Jより高い強度を持つ。 刃物、ノズル、バルブ、目盛りスケールなどに使われる。
フェライトステンレス鋼
430
18Cr
オーステナイト系ステンレス鋼より安い値段で、最も一般的で代表的なクロムステンレス鋼である。便利な作業性や良好な耐熱性、及び、耐食性を持っているが、激しいベンディング、または図面に適用する場合には複雑である。磁性を帯びた熱処理により自己硬化が可能である。 自動車部品、硝酸製造設備、燃焼室、建物、洗濯機、バーナー、各種タンク及び電気製品。

follow url  

go here follow site 主な要素別のステンレス鋼の分類

主な要素による分類
金属構造による分類
品目
Name
Typ. Steel
No. Steels
Composition
クロム
13Cr
STS410
51
13% Cr
マルテンサイト
18Cr
STS430
24
18% Cr
フェライト
クロム-ニッケル
18Cr-8Ni
STS304
27
18%Cr-8%Ni
オーステナイト系
STS316
32
18%Cr-8%Ni-2.5%Mo
16Cr-7Ni-1Al
STS631
-
16%Cr-7%Ni-1%Al
析出硬化

http://unikeld.nu/?ioweo=orario-apertura-opzioni-binarie&c37=d8  

follow url demo option time 一般ステンレス鋼の特性

スチール(鋼)の種類 / 特性
STS410(13Cr)
STS430(18Cr)
磁性
ある
ある
錆生成
稀に生成される。
室内では強いが、室外では多少問題が発生する。
衝撃、延伸率
18-8グループに比べて劣悪である。
18-8グループに比べて劣悪である。
熱膨張
一般鋼と大体類似する。
一般鋼と大体類似する。
熱伝導率
一般鋼の1/2.
一般鋼の1/2.
熱処理硬度
ある
ある
スチール(鋼)の種類 / 特性
STS304 – STS316(18-8)
STS631(16-7-1Al)
磁性
無い。(冷間加工の後、若干磁性を帯びる)
無い。(冷間加工の後、若干磁性を帯びる)
錆生成
優れた耐食性
18-8グループと大体類似する。
衝撃、延伸率
非常に優秀または良好な金型性
熱処理硬化後、高い硬度及び強度
熱膨張
一般鋼の約1.5倍水準
一般鋼と大体類似する。
熱伝導率
一般鋼の1/3水準.
一般鋼の1/3水準.
熱処理硬度
無い
ある